七五三の簡単基礎知識

【七五三】と聞くと、着物を着て千歳飴をもってお参りして・・・と思い浮かびませんか?
そして、何でやるの?と聞かれたとき、うーん・・・なんでだろう?と思ったのは私だけでしょうか?(笑)

そこでちょっとした豆知識!
七五三についてご説明したいと思います。


まずは、どうして3歳5歳7歳なのでしょう。

昔の村落で生まれた子はすぐには村の一員としては認められませんでした。
人名帳や氏子に登録するのは3歳から7歳の間に行われ、やっと村の子ども組に参加できるようになり、村の中で権利と義務が生じるようになりました。

それが武家社会になってくると・・・
3歳で『髪置き(かみおき)』・5歳で『袴着(はかまぎ)』・7歳で『帯解(おびとき)』というものが行われ始めました。

 ・『髪置き』・・・ それまで剃っていた髪の毛を長く伸ばして唐子まげを結う男女の儀式

 ・『袴着』 ・・・ 5歳になった子がはじめて袴を履く儀式。平安時代には女児も行っていた。

 ・『帯解』 ・・・ 女の子の祝い。帯の代わりの付け紐を取り、初めて帯を結ぶ儀式。

というものをひとまとめにした行事が七五三といわれています。

また、七五三の奇数は中国で縁起のいい数字といわれています。奇数は陽数、偶数は陰数といわれています。

そして、11月15日が七五三になったというのには、五代将軍徳川網吉の子「徳松」の祝いを行ったからだ・・・という由来。また、11月15日が二十八宿(月の動きによって吉凶を決める)の鬼宿日(最上の吉日)にあたり祝い事に最適!と言われている。という由来もあります。

現在では11月15日にこだわらず、その前後の都合のよい日に合わせて行う事が多くなっているようです。

余談ですが・・・我が家も今年は2人をまとめて七五三をしようとおもっていますが、11月15日は平日なのでその前後の週末に予定をたてています。

そういえば、かぞえ年で行う?って言われた事ありませんか?かぞえ年???ってなに?そう思われた方いませんでしょうか。
| 振袖

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。