羽織

と一緒に使われる言葉として「羽織袴」があります。
羽織(はおり)は着物の一種。防寒礼装などの目的から、長着・小袖の上にはおって着る。室町時代後期ごろから用いられたが、現在のようなかたちが一般的になったのは近世に入ってからである。
動詞「はおる」の連用形が名詞化したものが語源で、羽織は当て字。
その起源には諸説あるが、羽織の登場以前からの類似品に胴服、十徳等がある。
また、前身頃を完全にうち合わすことが構造的に不可能であり、前を紐で結ぶ点も特徴である。この紐は羽織の生地と共布で縫いつけてある場合もあるが、通常は「乳」(ち)と呼ばれる小さな環状の布地もしくは金具に、専用の組み紐(羽織紐)を装着して使用する。装着方法は古くは直接結び付けていたが、現在ではS字状の金具を介して引っかけて使うことが多い。この紐をTPOや流行に応じて交換するのがおしゃれとされる。
男性と羽織
織豊時代から戦国武将に戦場での防寒着として鎧の上から陣羽織が着用されるようになり、便利であったためかすぐに日常でも着用されるようになった。この頃は「羽織」と言う名称ではなく「胴服」と言われていた。
服装の順位としては将軍へのお目見えの時に使う直垂・大紋・素襖(すおう)、士分の制服とも言える裃より下にランクされる物で、普段着の扱いであった。一方、士分以外では紋付羽織袴は裃に次ぐ正装であった。
現在一般人が裃を着用することは祭りやコスプレでもない限り滅多になくなったが、紋付羽織袴が男性の正装という習慣は現代でも続いている。
十徳羽織
和服で長着の上からはおる外衣の一種。羽織にちかい形状をしているが、生地に絽を用い、紐は地に縫いつけ、腰の部分に襞をとってあるなど、独特の仕立てになっている。広袖とも呼ぶ。
鎌倉期ごろにあらわれ、平装として用いられたが、江戸期に入って僧侶、医師、絵師、儒者、茶頭などの正装に定められた。着流しもしくは長袴の上に着用する。
現在でも町人系統の茶道においてさかんに用いられる。


袴着付 美しい袴着付


| 振袖

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。