弓道

袴を着用して行うスポーツに弓道もあります。
弓道は非常に礼儀にこだわるスポーツだと思っています。
礼法については、神道の2礼2拍1礼や跪座の座法で控えるなど行われる。ちなみに、小笠原流が江戸時代に武家の礼法をになっていた。

なかでも弓道に限らず座法とは
座法(ざほう)とは、ヒトが椅子等の家具なしに床など敷物の上に座る際の足の組み方である。

敷物に座る文化は各国にあるが、例えば日本では正座といわれる正しい座り方がある。
その他の座法としては
正座
江戸時代の日本、トルコ、イースター島のモアイ像などにみられる。なお日本では江戸幕府により小笠原流礼法を武家の礼法に採用され茶道などで広まった。富山県では「おちんちんかく」という。正座はもともとは中国式であり、その例は漢の時代の墓の副葬品の俑にみられる。
跪座(きざ)
つま先を立てた正座。神道、弓道の控えの姿勢にみられる。
片膝立
日本、韓国など。通常は後ろ足のつま先は立てないが、能の控えの姿勢や柔術の一部流派など日本武術では後ろ足のつま先を立てるものもある。
胡坐(あぐら)
日本他。日本では安座といった。
半安座
胡座の足を組まない座り方。古い居合術の形に大座という名称でみられる。
結跏趺坐(けっかふざ)
仏教、ヨーガのパドマ・アーサナ(蓮華座)など。
蹲踞(そんきょ)
相撲、剣道などの競技前に行うつま先で体を支え足を開きかかとにお尻を乗せ背筋を伸ばす座り方。かかとも地面につける形はうんこ座り。
などがあります。
| 振袖

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。