七五三の簡単基礎知識

【七五三】と聞くと、着物を着て千歳飴をもってお参りして・・・と思い浮かびませんか?
そして、何でやるの?と聞かれたとき、うーん・・・なんでだろう?と思ったのは私だけでしょうか?(笑)

そこでちょっとした豆知識!
七五三についてご説明したいと思います。


まずは、どうして3歳5歳7歳なのでしょう。

昔の村落で生まれた子はすぐには村の一員としては認められませんでした。
人名帳や氏子に登録するのは3歳から7歳の間に行われ、やっと村の子ども組に参加できるようになり、村の中で権利と義務が生じるようになりました。

それが武家社会になってくると・・・
3歳で『髪置き(かみおき)』・5歳で『袴着(はかまぎ)』・7歳で『帯解(おびとき)』というものが行われ始めました。

 ・『髪置き』・・・ それまで剃っていた髪の毛を長く伸ばして唐子まげを結う男女の儀式

 ・『袴着』 ・・・ 5歳になった子がはじめて袴を履く儀式。平安時代には女児も行っていた。

 ・『帯解』 ・・・ 女の子の祝い。帯の代わりの付け紐を取り、初めて帯を結ぶ儀式。

というものをひとまとめにした行事が七五三といわれています。

また、七五三の奇数は中国で縁起のいい数字といわれています。奇数は陽数、偶数は陰数といわれています。

そして、11月15日が七五三になったというのには、五代将軍徳川網吉の子「徳松」の祝いを行ったからだ・・・という由来。また、11月15日が二十八宿(月の動きによって吉凶を決める)の鬼宿日(最上の吉日)にあたり祝い事に最適!と言われている。という由来もあります。

現在では11月15日にこだわらず、その前後の都合のよい日に合わせて行う事が多くなっているようです。

余談ですが・・・我が家も今年は2人をまとめて七五三をしようとおもっていますが、11月15日は平日なのでその前後の週末に予定をたてています。

そういえば、かぞえ年で行う?って言われた事ありませんか?かぞえ年???ってなに?そう思われた方いませんでしょうか。
| 振袖

タカラジェンヌと『緑の袴』

タカラジェンヌと『緑の袴』
宝塚の袴は丈を少し短めに着るのが特徴。娘役は帯と袴を高い位置に、男役は娘役より低い位置に着付けるのも特徴。

着物を着ているというよりロングスカートをはいている感覚なので、歩きにくかったり苦しいなんてことはまずありません。でもやっぱり袴をはくと緊張感が出ます。背筋がピンとしますね。

すみれ売りから始まって、色んな場面で見られるタカラジェンヌの袴姿。だけどこの時以上にファンの方々の心に焼き付けられる場面はないでしょう。

それは――退団者の袴姿。黒紋付に緑の袴で大階段から降りて来て、退団の最後の挨拶をする。誰もが今までよりかっこよくて美しく見える瞬間。

これを着ることはもう二度とありません。タカラジェンヌにとっての緑の袴は“正装”であり“盛装”であり――どんな衣装にも負けない最後の最後の衣装。

えっと、私の大切な緑の袴は……かわいそうに実家の押入れの中で眠っているかな? 久しぶりに陰干しをしてあげよう。忘れかけてる思い出を、この子といっしょに思い出してみようかな?
| 振袖

弓道

袴を着用して行うスポーツに弓道もあります。
弓道は非常に礼儀にこだわるスポーツだと思っています。
礼法については、神道の2礼2拍1礼や跪座の座法で控えるなど行われる。ちなみに、小笠原流が江戸時代に武家の礼法をになっていた。

なかでも弓道に限らず座法とは
座法(ざほう)とは、ヒトが椅子等の家具なしに床など敷物の上に座る際の足の組み方である。

敷物に座る文化は各国にあるが、例えば日本では正座といわれる正しい座り方がある。
その他の座法としては
正座
江戸時代の日本、トルコ、イースター島のモアイ像などにみられる。なお日本では江戸幕府により小笠原流礼法を武家の礼法に採用され茶道などで広まった。富山県では「おちんちんかく」という。正座はもともとは中国式であり、その例は漢の時代の墓の副葬品の俑にみられる。
跪座(きざ)
つま先を立てた正座。神道、弓道の控えの姿勢にみられる。
片膝立
日本、韓国など。通常は後ろ足のつま先は立てないが、能の控えの姿勢や柔術の一部流派など日本武術では後ろ足のつま先を立てるものもある。
胡坐(あぐら)
日本他。日本では安座といった。
半安座
胡座の足を組まない座り方。古い居合術の形に大座という名称でみられる。
結跏趺坐(けっかふざ)
仏教、ヨーガのパドマ・アーサナ(蓮華座)など。
蹲踞(そんきょ)
相撲、剣道などの競技前に行うつま先で体を支え足を開きかかとにお尻を乗せ背筋を伸ばす座り方。かかとも地面につける形はうんこ座り。
などがあります。
| 振袖

七五三

七五三5歳男の子を着用します。

旧暦の15日はかつては二十八宿の鬼宿日に当たり、何事をするにも吉であるとされた。また、旧暦の11月は収獲を終えてその実りを神に感謝する月であり、その月の満月の日である15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになった。明治改暦以降は新暦の11月15日に行われるようになった。現在では11月15日にこだわらずに、11月中のいずれかの土日・祝日に行なうことも多くなっている。北海道等、寒冷地では11月15日前後の時期は寒くなっていることから、1か月早めて10月15日に行なう場合が多い。

3歳は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」、5歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、7歳は、それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の名残りである。洋服の場合もあるが和服の方が多い。少女(極稀に少年)は、この時に初めて化粧(厚化粧の場合が多い)をして貰う場合が多い。奇数を縁起の良い数と考える中国の思想の影響もある。

変った所では福岡県で4〜5才で「ひもとき」、7才で「へこかき」(少年)/「ゆもじかき」(少女)(いずれもふんどしや湯文字といった成人仕様の下着を初めて身につける)を行う地区がある。

最近では、千葉県、茨城県を中心に、結婚披露宴並の豪華な披露宴を多額の費用を掛けて開催する場合もある。

近世までの日本は、現在の開発途上国と同様の状況(栄養不足・健康への知識不足・貧困など)が原因で乳幼児が成人するまでの生存率はきわめて低く、その様な事から乳幼児の生存を祝う節目として定着した。男児が女児よりも早く祝うのは後継者としての意味合いもあるが、女児よりも男児の生存率が低かったためである。なお、現代の日本では小児科医療が発達した結果、乳幼児死亡率は低下し、少子化・小産化が社会的な現象として起き、その一方で世界に目を向けると開発途上国の乳幼児への援助がユニセフ(UNICEF)を通じて行なわれている。



袴着付 美しい袴着付

| 振袖

羽織

と一緒に使われる言葉として「羽織袴」があります。
羽織(はおり)は着物の一種。防寒礼装などの目的から、長着・小袖の上にはおって着る。室町時代後期ごろから用いられたが、現在のようなかたちが一般的になったのは近世に入ってからである。
動詞「はおる」の連用形が名詞化したものが語源で、羽織は当て字。
その起源には諸説あるが、羽織の登場以前からの類似品に胴服、十徳等がある。
また、前身頃を完全にうち合わすことが構造的に不可能であり、前を紐で結ぶ点も特徴である。この紐は羽織の生地と共布で縫いつけてある場合もあるが、通常は「乳」(ち)と呼ばれる小さな環状の布地もしくは金具に、専用の組み紐(羽織紐)を装着して使用する。装着方法は古くは直接結び付けていたが、現在ではS字状の金具を介して引っかけて使うことが多い。この紐をTPOや流行に応じて交換するのがおしゃれとされる。
男性と羽織
織豊時代から戦国武将に戦場での防寒着として鎧の上から陣羽織が着用されるようになり、便利であったためかすぐに日常でも着用されるようになった。この頃は「羽織」と言う名称ではなく「胴服」と言われていた。
服装の順位としては将軍へのお目見えの時に使う直垂・大紋・素襖(すおう)、士分の制服とも言える裃より下にランクされる物で、普段着の扱いであった。一方、士分以外では紋付羽織袴は裃に次ぐ正装であった。
現在一般人が裃を着用することは祭りやコスプレでもない限り滅多になくなったが、紋付羽織袴が男性の正装という習慣は現代でも続いている。
十徳羽織
和服で長着の上からはおる外衣の一種。羽織にちかい形状をしているが、生地に絽を用い、紐は地に縫いつけ、腰の部分に襞をとってあるなど、独特の仕立てになっている。広袖とも呼ぶ。
鎌倉期ごろにあらわれ、平装として用いられたが、江戸期に入って僧侶、医師、絵師、儒者、茶頭などの正装に定められた。着流しもしくは長袴の上に着用する。
現在でも町人系統の茶道においてさかんに用いられる。


袴着付 美しい袴着付


| 振袖

成人式

で思い出されるのは、成人式暴れたり暴言を吐いたりする人が数年前にいたことです。
成人式がおもしろくないなら何故わざわざ出席するのでしょうか? 成人式は強制ではないので、行きたくなければ参加せずにパチンコでもしてれば良いのに。わざわざ高価な羽織袴を着て出席して、暴れて警察逮捕される人の心理が分かりません。
大人としての自覚を持ってもらうための、そして年齢的に大人になったことをお祝いするのが成人式なんですよ。

彼らは目立ちたいのですよね。
親や周囲の人間からから幼いころに十分に愛情を受けていないのだと推測します。
目立つことをすれば、周囲の人(たとえば親)が自分のほうを向いてくれると思っているからです。
この心理は、いわゆる暴走族と同じものです。

普通なら、子どもというのは、存在だけで無条件に愛してくれるはずの親ですが、
彼らには、おそらくそういう機会がなかったのでしょう。

3歳くらいの子どもを想像してください。
何でもイヤイヤと言って、自己主張しますが、親は、それでもちゃんと受け答えして受け止めてくれます。
そういう機会が20歳になるまでなかったのでしょう。
考えると、かわいそうな人たちでもあります。

しかし成人式を機会に大人になって欲しいですね。
袴の話からだいぶそれまして申し訳ありませんでした。


袴着付 美しい袴着付

| 振袖

剣道

剣道弓道合気道などの武道では日常的に使われています。
袴(はかま)は、和装において腰より下を覆うようにして着用する衣服の一種。着物の上から穿き、紐で結ぶ。平安時代にその原型が成立し、近世期においては主に男子において用いられ、礼装とみなされてきた。

また、以上より転じて、ズボン状の男子の衣服(大日本帝国陸軍における「袴(こ)」)や下部を覆うもの、本体の外側にさらにつけるもの、などを比喩的に袴ということもある。神道における巫女や、近代では女子大・高校通学着、現代での卒業式礼服成人式用の礼服などとして女子袴(+小袖中振振袖)は定番となっている。

現代における一般的な袴(馬乗袴)は、前後二枚の台形状の布の斜辺の下半分を縫いあわせ、さらに膝より下の部分がキュロット状になるように縫製した構造になっている。足を入れても充分に余裕があり、布は裾にゆくほど大きくあまる構造になっている。
前布には襞を取り、通常外側から順に一の襞、二の襞、三の襞と呼ぶ。後布は左右に分かれており、襞は取らない。後布はその上辺に板や厚紙を入れた小台形の部分を持ち、これを腰板と呼ぶ。後布は前布より腰板の分だけ長くなる。
袴には前布、後布には、それぞれ最上部(後布の場合には腰板の底辺)の辺の左右から一本ずつ、合計四本の紐(実際には幅七分程度の細長い布状のもの)が出ており、これで袴を腰に固定する。前布より出るものを前紐、後布より出るものを後紐という。前紐は後紐の二倍程度の長さがある。


袴着付 美しい袴着付

| 振袖

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。